JA人づくり研究会

トップページ > お知らせ > JA人づくり研究会 第19回研究会 開催要領

お知らせ

JA人づくり研究会 第19回研究会 開催要領

2014.03.14

 

1.開催日
平成26年3月20日(木)午前10時半〜午後5時半

2.開催場所
東京都千代田区大手町1-3-1 JAビル 27階 大会議室


3.今回の研究テーマ 

「農業政策の転換への備えと「6次産業化への取り組み」をどう進めるか」  

 これまで本研究会ではJAや地域における「人づくり」をテーマに様々な課題について研究・討議を重ねてきた。


 そのなかでも、とりわけ地域興し、6次産業化(農工商連携)に係わる人材育成を意識して、各地の事例を基に研究を進めてきた。JAが真の意味で地域に根ざすとともに、主体的に商工業との連携に関わるために求められているのは、やはりそれを担う「人」の確保・育成だからである。


 個別のJAで完結するのみならず、今後、JA間連携や県連・全国連も含め、JAグループとしての6次産業化を進める必要があることは論を俟たないが、現状は、それができる体制にあるとは必ずしも言えない。


 現状のまま各地の取り組みがバラバラに進むならば、6次産業化(農工商連携)の失敗例の山を見ることとなりかねない。われわれはこうした危機意識を持つ必要があると考える。


 そこで、改めて「6次産業」が提起された原点を振り返りつつ、失敗しない(=必勝する)ためには何が必要かを考えることとしたい。


 また、安倍晋三政権下で進められている「新農政」内容を把握し考察を深め、各地域の現場でいかに有効に取り組むか、またJAの果たすべき役割と機能は何かを報告・討議を通して、迫りくる環境激変に対応しうるJAの必勝体制を構築する方途を明確にする。


4.参加対象

 JA・連合会・中央会の常勤役員。なお、JA・連合会・中央会の職員はオブザーバーとして参加できる。(誠に恐縮ですが、会場の都合により定員60名とさせていただきます。定員をオーバーした場合は、常勤役員の方のご参加を優先させていただきますので、あらかじめご了承ください)。


5.参加費

 参加費は会員1万5千円、会員外2万円とする(宿泊は各自でご手配ください)。なお、1団体で複数参加する場合(オブザーバーも含む)は、2人目から1万円とする。参加費については「第19回研究会参加費」と明記し、下記口座に3月17日までに振り込んでください。


 振込口座: 農林中央金庫 本店 普通預金
 口座番号: 5542760  JA人づくり研究会


6.入会について

 普通会員:JA・連合会・中央会の常勤役員、参事 2万円。
 特別会員:それ以外の団体、個人(大学教員・研究者・JAOBなど)1万円。


 入会申し込み書をFAXまたはメールにてご送付ください。


 「JA人づくり研究会会費」は入会時のみに、上記の口座に振り込んでください。



参加申込書はこちら
 [Wordファイル][PDFファイル

JA人づくり研究会 第19回研究会 プログラム

日時:3月20日(木) 10:30〜17:30
場所:東京都千代田区大手町1-3-1 JAビル 27階 大会議室


「農業政策の転換への備えと「6次産業化への取り組み」をどう進めるか」

10:00受付
10:30開会・問題提起
JA人づくり研究会代表 今村奈良臣 挨拶
資料はこちら
10:45事例発表
「木の花ガルテンの生成・発展の戦略、戦術──人の配置、人の見つけ方、育て方、使い方」
大分大山町農業協同組合 代表理事組合長 矢羽田 正豪
資料はこちら
12:30昼食・休憩
13:30報告
「農政の大転換──新政策の論点」
JA全中 営農・農地総合対策部 担い手・農地対策課
課長 田村 政司
資料はこちら
14:45休憩
15:00相互討議・意見交換
17:30懇親会


Copyright © JA人づくり研究会