JA人づくり研究会

トップページ > お知らせ > 「第12回JA人づくり研究会」(12月8日)の開催要領

お知らせ

「第12回JA人づくり研究会」(12月8日)の開催要領

2011.10.31

 

1.開催日
平成23年12月8日(木)午前10時半〜午後5時半

2.開催場所  会場が変更になりました
東京都千代田区大手町1-3-1 JAビル 36階 大会議室

     ↓

東京都千代田区一ツ橋2-6-2 日本教育会館 9階 第5会議室


3.今回の研究テーマ 

「風評被害に打ち勝つ農業・JA」
 本年3月11日に発生した東日本大震災は、多くの人命を奪い、さらに農地などを土砂で埋めた。同時に発生した福島第一原発の崩壊は自然災害に加え、放射能汚染という未曾有の恐るべき事態を招いた。

 目に見えない放射能汚染は、政府・行政および東京電力からの適切な情報開示がなされないこともあり前例のない「風評被害」をも生み、福島県のみならず東北・関東の広域にわたり農畜産物・林産物さらに水産物に多大の被害を及ぼし、農業経営継続がままならない状態が生じている。

 正しい情報を消費者と共有し、JAとして「風評被害」にどう対処し、これに打ち勝つためにどう行動すべきかを、実践事例をもとに探ることとする。

 今回の研究会には、特に東北・関東・甲信越・北陸ブロックのJAを指導する立場の方々の参集を期待している。


4.参加対象

JA・連合会・中央会の常勤役員。
なお、JA・連合会・中央会の職員はオブザーバーとして参加できる。
(誠に恐縮ですが、会場の都合により定員70名とさせていただきます。定員をオーバーした場合は、常勤役員の方のご参加を優先させていただきますので、あらかじめご了承ください)。


5.参加費

参加費は会員1万5千円、会員外2万円とする(宿泊は各自でご手配ください)。なお、1団体で複数参加する場合(オブザーバーも含む)は、2人目から1万円とする。
参加費については「第12回研究会参加費」と明記し、下記口座に11月30日までに振り込んでください。

振込口座: 農林中央金庫 本店 普通預金 
口座番号: 5542760 JA人づくり研究会


6.入会について

普通会員:JA・連合会・中央会の常勤役員、参事 2万円。
特別会員:それ以外の団体、個人(大学教員・研究者・JAOBなど)1万円。
入会申し込み書をFAXまたはメールにて送付ください。

「JA人づくり研究会会費」は入会時のみに、前記の口座に振り込んでください。平成22年度に会費を振り込んでいる会員は年会費は不用です。


「JA人づくり研究会」入会申込書および第12回「JA人づくり研究会」参加申込書

第12回JA人づくり研究会 プログラム

場所:東京都千代田区一ツ橋2-6-2 日本教育会館 9階 第5会議室

10:00 受付

10:30 開会
    問題提起
    「無知の不安」と「未知の不安」をいかに「既知の安心」に変えるか
    JA人づくり研究会 代表 今村奈良臣
    資料はこちら(PDF)

10:50 「JA富里市における放射能測定への対応と風評被害の克服」
    JA富里市 常務 仲野隆三
    資料はこちら(PDF)


11:30 「風評被害にみずほ市場はいかに対処したか」
    株式会社 農業法人みずほ 代表取締役社長 長谷川 久夫
      同上         生産研究部長  高橋 広樹
    資料はこちら(PDF)

12:30 昼食・休憩


13:30 「東電福島原発事故による農畜産物の汚染とJA新ふくしまの対応」
    JA新ふくしま 代表理事専務 菅野 孝志
    資料はこちら(PDF)

14:30 「パルシステムにおける福島原発事故汚染への対応」
    パルシステム生協連合会 理事長 山本 伸司
    資料はこちら(PDF)

15:30 休憩 


15:45 「放送現場から見たJAの震災対応と風評被害対策の課題」
    ラジオ福島・リポーター 川又 啓蔵
    (JAそうま総代 茨城大学修士課程在学中)
    資料はこちら(PDF)

16:15 参加者との意見交換


17:00 まとめ 


17:30 懇親会 


Copyright © JA人づくり研究会